聞いてはいけないこと | 夜系の求人を見て、満足いく収入を稼いでみてください

夜系の求人を見て、満足いく収入を稼いでみてください

聞いてはいけないこと

「聞いてはいけないこと」のフォトイメージです。

「キャバクラ」と呼ばれる夜のお店も、稼ぐ上ではかなり優秀な存在だといえるでしょう。
セクキャバは性的要素がありますが、キャバクラにはそんな要素一切ありませんのできっと応募しやすいと思います。
たくさん稼いでいきたいと考えているなら、ぜひあなたもキャバクラの仕事にありついてみましょう。

そして今回はキャバクラの面接に関する話を進めていきたいと思います。
基本的にキャバクラの面接で気をつけるべきことは、まず失言をしないことです。
しかし何が失言になるのか初心者にはまったくわからないですよね。

たとえばキャバクラで働く際には時給がいくらなのか気になるところだと思います。
その際にはおそらく面接で聞くことになりますが、キャバクラの時給は基本的にその人のルックスだったり、どれくらいお店に対して貢献できるのか見極めた上で決定されます。
つまり開始時の時給に関しては面接の段階では答えられないのが普通です。
だから時給はいくらなの?という質問はしてはいけません。

そして体験入店における時給を聞くのもあまりいいことではありません。
人によってはキャバクラの体験入店だけでお小遣いを稼ごうとする人がいます。
体験入店というのはお店側としてはあくまでもあなたに対して入店を検討してもらうために実施します。
どんなお店も体験しかするつもりない人に対しては本当に給料泥棒だと思っているので、体験時の時給を聞いてしまったら給料泥棒されるのではないかと不安な気持ちにさせてしまいます。

自分がどれだけキャバクラで稼げるのかを考えるよりも、まずは謙虚に攻めていくことが重要です。