営業メールについて | 夜系の求人を見て、満足いく収入を稼いでみてください

夜系の求人を見て、満足いく収入を稼いでみてください

営業メールについて

「営業メールについて」のフォトイメージです。

もしキャバクラでしっかり働こうと考えているのであれば、お客さんに対してちゃんとした営業ができるようにならなければいけません。
ある程度キャバクラで働いていると連絡先の交換をお客さんとすることになりますので、そのあとは上手に営業してお客さんを手放さないようにしてください。

では営業に関するアドバイスについて触れていきたいと思います。
まず考えればわかることだと思いますが、単刀直入にザ・営業といった形で連絡をするのはNGです。
たとえば「今日お店に来てほしいな〜」というストレートな言葉は高確率でスルーされるでしょう。
もっといえば二度とあなたに会いに来てくれない可能性もあります。
露骨な営業ほどうっとうしいものはありませんので、仮に仲良くなっていたとしても気をつけなければいけません。

そしてキャバクラの営業において、いくつもの連絡先に一斉送信することもNGです。
めんどくさいという理由で効率的に営業するために一斉送信機能をよく使う人がいます。
残念ながら男もバカではないので、すぐにバレてしまいます。
一斉送信だとバレてしまったらもちろんお客さんに愛想つかされるので、手を抜くことはやめましょう。

あと最近では連絡手段としてラインが流行っていますが、ラインよりもメールの方がおすすめです。
なぜかというと、ラインはメッセージを送った瞬間その人の携帯画面に出てきてしまう可能性があるからです。
これは設定次第で変えることができますが、たとえばお客さんに奥さんがいた場合はどこかのタイミングであなたからのメッセージがバレてしまう可能性があります。
今だとメール機能をライン以上に使う人は少ないので、あえてメールで連絡をこっそり取りあうのがいいでしょう。